fc2ブログ

Entries

1956年(昭和31年)の2月6日 東海道本線の安城~刈谷間でスピードアップのためのロングレール実用試験のための溶接作業を開始(安城市・刈谷市)

東京~大阪間を6時間半で結ぶ新型特急列車の実現のため、安城~刈谷間東海道本線を使って、ロングレールの実用試験が行われることになります。
スピードアップのためには新型車両の開発のほか、線路の継ぎ目を減らすロングレールの採用がカギを握ります。
通常、真夏に線路が膨張することを見越して継ぎ目には隙間が作られています。
それを200メートルの長さまで溶接し、伸縮性のある新しい継ぎ目を採用したこの試験。
ロングレールの有用性を実証し、2年後にはあのビジネス特急「こだま」のデビューを下支えするのでした。
昭和31年の今日、2月6日に東海道本線のスピードアップ実現のため、安城~刈谷間でロングレールの試験運用を行うための、線路の溶接作業が始まりました。


碧海エリア限定の “今日は何の日” 『碧海あのころピッチキャッチ』
毎週月曜~金曜日 AM7:30 から Pitch FM 83.8MHz で 放送中!
CATV KATCH【地上デジタル111ch】でも聴けます

Pitch FM83.8 の ホームページは こちら

Appendix

カレンダー

RSSリンクの表示