fc2ブログ

Entries

まさに演劇三昧!安城市の市民演劇祭

今や多くのファンを獲得し、のべ1,000人が観覧するという、安城市の市民演劇祭
今年で29回目を迎えます。

その第1回目が開かれた日のことは、以前こちらでご紹介しましたが、
多くの市民で賑わった客席に対し、舞台に上がったのは市内の高校演劇部のみ。
おそらく3組だけだったと推測されます。

いまと同じ2月に開催されるようになった2回目には、市民団体2組も加わり、
以降、その裾野は着実に拡がっていきました。

安城市ゆかりの文学者・新美南吉の作品が取り上げられたり、
近年では人びとの関心を呼んだ裁判員制度を題材にしたりと、
その内容もどんどん多彩になっています。

この演劇祭、一組あたりの上演時間は、約45分。
舞台準備→演劇→片付けの一連の流れで、
所要時間は約1時間だそうです。

昨年などは8組のエントリーがありましたから、全部観覧すると何と8時間。
まさに演劇三昧の一日です。

知り合いの舞台だけを観るという方も、もちろんいらっしゃいますが、
お芝居が好きで一日中ご覧になる方も少なからずで、
中には「お尻が痛くなった」という方も。
それほど夢中になってしまうのですね。

さて、何と10組がエントリーしている今年はというと、
2日に分けて上演されるのだそうです。

4組が演じる 2月5日(土)は、13:00の開演(開場は12:30)。
2月6日(日)には6組が舞台に上がり、10:00開演、9:30開場です。

入場は無料
演劇三昧の一日を体験してみたい方、
2月5日(土)・6日(日)は、ぜひぜひ安城市文化ホールへ!

安城市の第29回市民演劇祭について、
詳しくは安城市ホームページこちらをご覧ください。

⇒イベントは終了しました










スポンサーサイト



Appendix

カレンダー

RSSリンクの表示