fc2ブログ

Entries

「斎藤吾朗の全活動を語ろう、具」展 (高浜市)

 赤絵で知られる画家・斎藤吾朗さんの活動を振り返る作品展が、高浜市やきものの里かわら美術館で開催されています。

 ルーブル美術館の「モナ・リザ」を、日本人で初めて、世界でもあのマルク=シャガール以来50年ぶりに公式模写したことで知られる斎藤さんは、西尾市出身。故郷・西尾はもちろん、広く三河地方の文化や風物をモチーフにした作品を、数多く描いています。

 今回の展示では、「モナ・リザ模写作品」をはじめ、今月1日に西尾市と合併した幡豆郡三町(一色町・吉良町・幡豆町)の祭や偉人をモチーフとしたものなど、絵画作品約50点が味わえます。

 展示のスタートに先立ち、げんぞうは準備中の会場にお邪魔しました。

*写真はすべて許可を得て撮影・掲載しています。無断転用しないでください。
展示準備中

 今回の試みで何と言ってもユニークなのが、絵画とともに展示された、斎藤さんのコレクションたち。
 作品の中にもしばしば登場するこれらのコレクションは、実に多彩。地球儀に鉱物の標本、昔の乾電池にマッチ箱、昭和20年代の手回し洗濯機などなど、ありとあらゆるものが並んでいます。
 中には「20世紀と21世紀の間の空気」なんていう珍品も。

展示準備中

 数百点のコレクションを前に、齊藤さんご自身と学芸員さんたちが大奮闘。
 これでも、コレクションのごくわずかなんだそうです。
 絵画作品の前には、実際に絵に描きこまれているものが並べられました。
 目の前にあるモノたちを、絵の中に探すのも楽しいですよ。

 また、展示に先立ち、8日(金)には内覧会が行われました。

内覧会その1

 冒頭のあいさつで、このたびの東日本大震災について思いを語った齊藤さん。
 これまでも、阪神大震災やアメリカの911テロに際し、芸術によってメッセージを発してこられました。
 今回の展示には急遽、4点の絵画作品が追加されたそうです。

内覧会その2

 また、内覧会では、同館学芸員だけでなく齊藤さん自身による作品の解説も。

内覧会その3

 普通、こうした美術展では静かに鑑賞するものですが、今回はタイトルどおり「語ろう、具(=カタログ)」展。
 斎藤さんの絵も、陳列された数々のコレクションも、さまざまなことを実に雄弁に語ってくれますが、今回は、これらの展示を見て観覧客が語り合うのもアリなんだそうです。

内覧会その4

 関係者のみならず、多くのファンで賑わった内覧会。
 みなさん実際に、作品と「具」の前で、さまざまな思いを持って語り合っていました。

 画家・斎藤吾朗さんの50年の活動とともに、戦後日本の記憶を辿る「斎藤吾朗の全活動を語ろう、具」展
 高浜市やきものの里かわら美術展で、5月29日(日)までの開催です。


  「斎藤吾朗の全活動を語ろう、具」展
   2011年4月9日(土)~5月29日(日) ※月曜日・5月10日休館(5月2日は開館)
   観覧料 高校生以上600円、中学生以下無料
   *くわしくは、高浜市やきものの里かわら美術館ホームページをご覧ください。

⇒展示は終了しました。
 

スポンサーサイト



Appendix

カレンダー

RSSリンクの表示