fc2ブログ

Entries

1931年(昭和6年)の4月5日 碧海郡明治村出身の米津太平が、浜松~大連間の長距離飛行訓練に出発(西尾市)

当時、陸軍准尉として浜松基地に所属していた米津太平
八七式重爆撃機(通称:ドンガメ)4機で浜松基地から大連までの長距離飛行訓練の1番機(中隊長機)の操縦を任されます。
午前6時に浜松基地を離陸し、単縦列で飛行して米子を越え、対馬上空に差し掛かったとき、巨大な積乱雲に行く手を遮られ、中隊長命令により、大刀洗基地への着陸を命じられます。
このとき逸れた僚機は、朝鮮半島西側を低空飛行し2機は平壌へ、残りの1機は9時間50分かけ、大連到着を果たします。
当時、こうした飛行訓練により、陸軍も渡洋飛行のノウハウを蓄積していくのでした。
昭和6年の今日、4月5日碧海郡明治村出身の米津太平が、浜松~大連間の長距離渡洋飛行に挑戦しました。


碧海エリア限定の “今日は何の日” 『碧海あのころピッチキャッチ』
毎週月曜~金曜日 AM7:30 から Pitch FM 83.8MHz で 放送中!
CATV KATCH【地上デジタル111ch】でも聴けます

Pitch FM83.8 の ホームページは こちら
スポンサーサイト



Appendix

カレンダー

RSSリンクの表示